PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ お見合いNGエピソード / そこまで割り勘?!

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

そこまで割り勘?!

私の事務所では土・日・祝日には、一日で10件前後のお見合いをしています。

お見合いのコーナーは2カ所しかないので、
ご紹介後、30~40分ほど、そちらでお話頂いたら喫茶店等に席を代えて頂いています。
(次の見合いの方が来られますので・・・)

そういった事もあって、お見合いの後に(喫茶店等での話が終わって)、
女性会員の多くは事務所に報告と相談に戻ってこられるんです。

今回も、お見合いの後、女性会員が戻って来られたのですが、事務所に入るなり

女性会員 「先生ぇ~、私、何か、ドォ~~っと疲れちゃった! 断って下さい!」

私    「どうして? ココでは楽しそうに話をしてたのに・・・??」

女性会員 「それが、事務所を出てから、京阪ホテルのカフェに行ったんですけど・・・」

彼女の話によると、カフェでのお茶代を割り勘にする事になったそうです。
実は、私のところでは、お見合いの日のお茶代は基本的には「割り勘」と決めています。

お見合いの結果がどうなるのか判らないので、お互い負担をかけないためなのです。
(しかし、現実的には99%は、お茶代は男性が支払っておられます)

割り勘が基本ということですから、彼女も割り勘については何の異存もなかったのですが、
彼女が「ドォ~~っと疲れちゃった」というのは、その割り方なんです。

2人が行ったのは普通の喫茶店と違いホテルのカフェということもあって、
コーヒー代に消費税やサービス料がプラスされて、支払額は2人分で1725円だったそうです。
(コーヒー代としてはなかなかの高額ですよね)

すると、
男性は小銭入れをガチャガチャとかき回して、テーブルの上に863円を置くと

「端数の1円は、僕が払っといてあげるよ。」

・・・と、満面の笑みを浮かべたとか。

彼女が言うには、

「先生、私、別に割り勘でも良いんです。 ホテルだったから結構高かったし。
けど、円単位なんて・・・信じられないです。
それに、『端数の1円は、僕が払っといてあげるよ。』って、それ自慢なのって?」

「そっかぁ~、円単位の割り勘はちょっとキツイよねぇ~」

さすがに私も、そんな話は初めて聞きました。
開いた口が塞がらないというか、呆れてモノが言えないといった感じです。

女性にとっては、
お見合い相手の男性は「一生のパートナーになるかもしれない相手!」
その男性が、小銭で、円単位まで割り勘にしたりしたら、

「この人、そんなにお金持ってないの?」
「もしかして、お金以外にもこんなに細かいのかな? 神経質なのかな?」
「いや、それとも、この人にとっての私って円単位で割り勘する程度ってことかしら・・」

・・・と思われても仕方ありません。

まぁ、
お見合い時のお茶代やデート時の軽食くらいは、
大した金額にもならないのですから、男性が支払った方が良いと私は思います。
(基本的に割り勘と言いながら変な話ですが)

もし割り勘するにしても、男性が多めでザックリとしてほしいものです。
小銭入れの中をガチャガチャと探ったり、円単位はタブーです。
上記の例でしたら、
合計1725円ですので、女性が700円、500円といったところが相場でしょう。

支払いはスマートに!・・・これって、結構デートのコツだったりします。

ちなみに、今の若い方・・・30代前半の方は男女とも割り勘が普通のようです。
私の大学生~20代の頃は、女の子に財布を開かせるなんて・・・という時代だったので、
デートで割り勘をした記憶がありません。 (コンパ、各種宴会でも7対3が普通でした)
その為に一生懸命バイトもしましたし、仕事もしましたしね。
時代の流れとはいえ、どっちが良いんでしょうね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから