PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ コレ知っておきたい / 恋愛結婚の離婚率は57%

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

恋愛結婚の離婚率は57%

最新のおる統計では、恋愛結婚の離婚率は57%にものぼるそうです。

にわかには信じられない数値ではありますが、
数字の多少のブレはあるものの、どの統計も似たような数値を出しています。

しかも、その7割近くが結婚後3年以内の離婚しているという数字もあります。
驚きの数値ですよね。

恋愛結婚ですから、それこそ相思相愛で、

「この人しかいない!」

・・・といった気持ちで結婚しているはずだと思うのでが、
どうして、6割近くのカップルが短期間で離婚しているのでしょうか。

大学や各種研究機関の社会学(家族学)などの専門の先生方の分析では、

恋愛中は、見栄を張るというか、相手に対して自分をよりよく見せようとしている人が多く、
普段の自分自身より背伸びして交際をしているわけですが、結婚後も、同様の対応がいつまでも続けられるわけでなく、無理が生じてくる。

・・・ということらしいです。

まぁ、専門家の先生に聞くまでもなく、
私達、仲人⇒婚活カウンセラーにとっては当然というか、明らかなことに思えます。

恋愛の場合は、
ちょっとした見栄や少し無理な背伸びすら喜びであり、それにより相手の気持ちを引き寄せる
・・・それこそが恋愛の魅力ともいえます。

でも、24時間、365日、そんなことは続けていく事は出来るはずがありません。
お互い、どこかでメッキが剥がれて

「こんなはずじゃなかった」

・・・ということになってしまいます。

さらに、恋愛結婚では相手のことが好きであるがために欠点が見えにくいものです。
昔流にいうと「あばたもエクボ」というもので、相手のことがしっかりと見えておらず、
もし見えていたとしても、好きという感情がそれを封じ込めてしまいます。
そして、結婚後、冷静になった時に

「こんな人じゃなかったのに」

・・・となるわけです。
ドキドキしたり、ときめいたりというのは、恋愛中・・・もしくは結婚後1~2年です。
ドキドキが一段落して冷静になった時が危険なのです。

それにしても57%という数字は少し高すぎると思いますが、
恋愛結婚のプロセスの中に大きな離婚リスクが潜んでいることは確かでしょう。

そのプロセスというのは、
「好き」という感情が優先して、その感情の中で結婚を決めてしまうので、
相手が、本当に自分の結婚相手として適しているか冷静な目で判断していない点です。

結婚生活は長い道のりです。
恋愛であれ、お見合いであれ、結婚相談所での婚活であれ、
冷静な目で相手を見て、結婚相手として適しているかどうか判断しなければいけません。
そのうえで

「見栄を張る必要のない、背伸びをする必要のない、自然体の自分でいられる相手」

・・・を探すことが、幸せな結婚の基本です。

「自然体でいられて、何でも話し合える」

そんな異性こそが理想の結婚相手なのではないでしょうか。

ちなみに恋愛結婚の離婚率が高いのは、
10代での結婚の離婚率が突出していることも影響しています。
できちゃった婚が大多数を占め8割近くが1~2年で離婚しているそうです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから