PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ コレ知っておきたい / 三高 ⇒ 三低 ⇒ 三手 ⇒ 三同

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

三高 ⇒ 三低 ⇒ 三手 ⇒ 三同

バブル時代から10~15年ほど前まで、
「三高」という言葉が流布していたのを覚えておられますか?

女性が結婚相手に求める条件の事で、
収入が高くて、学歴が高くて(大学の偏差値が高くて)、背が高い。
・・・というものでした。

実は、この「三高」が、
その後、いくつかの変遷、進化を遂げ、ついには「三同」になったという訳です。

皆さん、三同ってご存知でしょうか?
ほとんどの皆さんは「???」って感じではないでしょうか。

それでは、まず、「三高」の後、
女性の結婚相手に対する希望がどのように変遷してきているかについてですが、
概ね、以下のように言われています。(色々と説があります)

「三高」 ⇒ 「三低」 ⇒ 「三手」 ⇒ 「三同」

多くの皆さんは、「三高」以外には意味が分からないのではないでしょうか。
そこで、簡単にその意味を紹介します。

「三高」はご存じのとおり、
      ・高収入 (当時は7~800万円以上と言われてました)
      ・高学歴 (偏差値の高い大学)
      ・高身長 (170cm以上)

「三低」は ・ 低姿勢 (レディーファースト、女性を立ててくれる)
      ・ 低リスク (失業リスクの低い安定した企業・職種)
      ・ 低依存 (女性に頼らない束縛しない、自分の事は自分でする)

「三手」は ・ 手伝う (家事、育児などの分担)
      ・ 手を取り合う (協力と理解)
      ・ 手をつなぐ (愛情を注いでくれる)

そして、
「三同」は ・ 仕事観が同じ (そこそこ or バリバリ、理解しあえる安心感)
      ・ 金銭感覚が同じ (「やりくり力」~ 贅沢や節約のポイントが近い)
      ・ 常識が同じ (モラル、マナー他の常識感覚が同じならイライラしない)

バブル、バブルの残り香のある時期の「三高」は時代を反映していますし、
バブル崩壊後は、三高へのこだわらず減って、安定と女性優遇を目指し、
男女共同参画、共働きの時代となってくると、夫婦の対等、平等を望み
現在は、考え方や価値観が同じであることを希望する時代になったわけです。

皆さん、どうでしたか?

「三高」「三低」なんていうのは、それこそ女性のご都合主義の産物ですよね。
特に「三低」の内容は、

「男を何だと思ってるんだ」

・・・と、男性の立場からは感じてしまいます。

「三手」は、まぁ、今の時代、そうあるべきでしょう。

そして「三同」
何気なく読んでいると、現実的で地に足がついた「三条件」という気がしますが、
私は、「三同」はこれまでの「三〇」の中では、最も難しい条件と感じています。
というのも、この「三同」が最も個人の主観に左右されるからです。

「三高」であれ、「三低」であれ、「三手」であれ、
「この辺り」という基準がほとんどの人の中では共有されています。
しかし、「三同」でいうところの「同じである」という概念は、とても難しいのです。

仕事観、金銭感覚の「同じ」の判断は簡単ですし、同じでないと困ります。
問題となるのは常識です。

モラル、マナーなどの社会常識というのは納得の話ですが、
それ以外の常識というと・・・、モノの見方や考え方、価値観から始まって、
それまで自分が生きてきた環境 ⇒ 家庭環境、教育環境、職場環境、友人環境などなど
これが「同じ」「似ている」ということになると、相手が絞り込まれ過ぎてしまって、
その様な相手は、それこそ100人に1人とか、それ以下になるのではないでしょうか。

幸せな結婚生活をおくるポイントは、
これらの考え方、価値観、その他の違いをお互い認め、その違いを尊重する姿勢です。
「同じ」が前提になるのは逆のような気がします。
2人で話し合って、お互いが納得できる着地点を見つけてほしいものです。

いずれにしろ、
時代の流れによって結婚相手にたいする条件は色々と変わっていきます。
でも、
その中でも変わらないモノ・・・それは「人柄」だと私は思います。

流行の「三条件」にこだわり過ぎず、
相手の人柄をよく見ることが、素敵なパートナーと巡り合えるコツではないでしょうか

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから