PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ 成婚エピソード / 乳がん ~ 結婚しましょう。僕が支えます。

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

乳がん ~ 結婚しましょう。僕が支えます。

数年前、アメリカの人気女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、
乳がん予防のため、両乳房切除・再建手術を受けたことを公表しました。
なんでも、
遺伝子検査で乳がんの確率が90%近くあるという事での予防切除だそうです。

乳房の中身をそっくり切り取り、中に詰め物を入れる再建手術が行われたとのこと。
手術後、乳がんのリスクは5%まで低下。

・・・と報道されました。

発病する可能性があるということで、
発病前に乳房を削除することには賛否両論がありました。

一方、私は、このニュースを聞いて、
5年前に結婚したカップルのことを思い出しました。

女性は看護師、29才。
「30才までには結婚したい!」・・・って、真剣に活動されていました。

男性は会社員(父の会社)、34才
大学卒業後から10年間は同業種の他の会社で修業を積んでから、
お父さんの会社に入社、一兵卒からコツコツ仕事を積み上げられていて、
礼儀正しく、しっかりとした、なかなかの好青年です。

お見合いは、私の事務所で行ったのですが、
実は、お見合い前から、

「この2人、交際に入れるようだったら、そのまま決まるかも。」

・・・といった印象でした。

案の定、
交際に入った後はトントンと話が進み、そろそろプロポーズかなという矢先。

彼女が母親の定期検診に付き添った際に、
とりあえず受けてみたマンモグラフィー検査で乳がんが発見されたんです。

乳がんのレベルは進んでいて、
命に別状はないモノの片方の乳房を切除しなければいけませんでした。

彼女はかなりのショックを受け、私に相談に来られたのですが、
正直、私もどう答えれば良いのか分かりませんでした。

そして、彼女と一緒に散々悩んで、考えて、泣いて、
そして、彼女が直接、彼に打ち明けることにしたんです。

「私、乳がんが発見されました。 片方の乳房を切除しなければいけません。
だから、私、あなたと結婚は出来ません。」

その時の彼の返事が、

「結婚しましょう! 僕が支えますから。
2人一緒だったら、そんなこと位、乗り越える事が出来ますよ。」

彼女は、彼の返事に感動したのですが、スグには受け入れる事が出来ず、
数日間、ためらって考えた後、彼の気持ちに応える形で結婚を決めました。

切除手術は早いほうが良いとの医師の見解でしたので、
2人は、大急ぎで新居と挙式の準備をして、2ヶ月後に挙式、披露宴を行ったんです。

そして、新婚旅行から帰った後、スグに手術を行いました。
片方の乳房を切除しましたが、彼が不要だということで再建はしなかったそうです。
なんでも、2人で病気に向き合うためだとか。

そして、退院後、2人で事務所に挨拶に来てくれて、

「手術の前に新婚旅行に行ったから・・・・良かったです。」(泣)

・・・と彼女。

一方、彼はというと、

「いやぁ~、僕、全然、気にしてないんで。どっちが先でも良かったんですけどね。」(笑)

なんて明るいというか、素敵な男性なんだろうと思いました。
この男性なら、絶対に彼女を幸せにすると。

あれから5年、
がんは転移も再発もなく、子供にも恵まれて、2人は幸せにされています。

さぁ、次はあなたの番です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから