PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ 婚活成功へのポイント / プライベートな質問は少しずつ

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

プライベートな質問は少しずつ

結婚相談所での婚活やお見合いに限らず、
会社、学校、地域など人間関係全般に言えることだと思うのですが、

「相手にプライベートな質問をする(プライベートな事柄を尋ねる) 」

・・・というのは、そのタイミング、聞き方、共に難しいものです。

会ったばっかりの相手とか、お付き合いの浅い相手に
プライバシーに関わる質問をされたり、立ち入ったことを聞かれたら、
ほとんどの方はドン引きしてしまって、

「この人、なんて失礼な人なんだろ?」
「非常識な人」

・・・・と、その後は、ある程度の距離を置いてつきあうのではないでしょうか。

会社や学校で出会った場合には、
親しくなる前に、プライベートにかかわる質問をする人はほとんどいません。
(ご近所の場合には、詮索好きの噂好きのオバさんがいたりしますが・・・)

しかし、婚活、お見合いとなると、初対面もしくは2~3回目で、
いきなり、プライバシーな質問~それもかなりコアな質問をする方が男女とも少なくないのです。

当然、まだ、お互いの人柄などがほとんど分っていない段階で
いきなりプライバシーなコアな質問をしてしまうと、相手に嫌われてしまいます。
一発、お断り・・・ということになってしまいます。

驚くべきことに、親しくなる前に相手のプライバシー的な質問をする人に限って
自身のプライバシーの事については、相手から逆に聞かれても答えない人が多いのです。

とはいえ、婚活での出会いは結婚を前提とした出会いですので、
いつまでもプライベートな話をせずに、いつまでも表面的な話ばかりをしているのでは、
なかなか2人の距離感は縮まりませんし、結婚を決心するための材料にも事欠きます。

結婚という事を考えると、
どこかでは、お互いのプライベートについても好感する必要はあるのです。
それでは、どの様なタイミング、どの様な聞き方をしていけば良いのでしょう。

婚活を前提として考えれば、
初対面の後、4~6回お会いしても人柄など問題がなく、
今後も交際を続けていけそうであれば、少しずつプライベートの話をしていくタイミングです。

一般の交際であれば4~6回というのは早いような気もしますが、婚活の場合は結婚前提ですし、
プロフィールも事前に分っているので、人柄が合えば話を進めても問題はないのです。

次に、プライバシーな話の切り出し方ですが、
一般的な会話や雑談の中で、相手のリラックス度を見ながら
少しずつプライベートな質問を入れていく形が自然です。
いっぺんにアレもコレもと聞くものではありません。

そんなに深くない質問から始めて、ポンポンと簡単に返答が返ってくるようなら
少しというか、一段階レベルを深めた会話に移行していくといったイメージです。

少しずつ少しずつですよ。
いきなり二段階も三段階もレベルが深くなると、やっぱり引かれてしまいます。

深さの加減というのは難しいと言えば難しいのですが、
基本は、その時点で自分が聞かれたとしたら返答に困るような事は質問しない事です。

また、当たり前の事ですが、
プライベートな質問をする際には、
「僕は○○ということがあって・・・うちの家族は○○で・・・、あなたはどうですか?」

・・・といったような形で、自分のプライベートも同程度の開示しながら、こんな風な答えが欲しいと応答例を示すようなアプローチをすることが原則です。
相手のプライベートだけを聞くというのは絶対のタブーです。

いずれにしろ、焦る必要はないので、
少しずつ2人の距離感を縮めていきながら、情報交換をしていって欲しいものです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから