PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ 婚活成功へのポイント / 年収の妥協ラインは?

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

年収の妥協ラインは?

女性雑誌などの調査では、
女性が結婚相手に求めるものは「性格」「価値観」「愛情」がトップ3となっています。

ひと昔、ふた昔前の女性が結婚相手に求める条件は「三高」といって、
「高学歴」「高収入」「高身長」であったことを考えると、
優しくなった、謙虚になったと感じてしまいますが、そうとは限りません。

確かに「高身長」にこだわる女性は減りましたが、
「高収入」⇒「経済力」がどうでもよいという訳ではありません。

昔・・・特にバブルの頃のように

「年収は1000万円は欲しいよねぇ」
「最低でも800万円なかったら、話にならないわねぇ~」

・・・と、
当然のように豪語する女性が少なくなっただけです。

Yahooと某女性雑誌が行った、
「20~30代の独身女性が結婚相手に望む年収」の調査結果によると、 

「結婚相手に望む年収は600万円以上」
「でも、最近は600万円以上の人は少ないので、妥協ラインとして400万円!!』 

・・・でした。

しかし、「婚活」という言葉を生み出した中央大学の山田昌弘教授によると
 
30代の独身男性で年収が600万円以上というのは、わずか3.5%です。
400万円以上に広げても23.0%。
ボリュームゾーンは300万円~400万円で43.2%。
 
・・・となっています。
 
総務省が公表している平均収入は、430万円前後で推移していますので、
これもボリュームゾーンは350万円前後で、6割が平均以下なのだそうです。

こういった事情を考えると、
男性に求める年収は350~400万円以上あれば、まずはOKというところでしょう。
(理想は600万円だけど・・・)

一般的な年収の目安としては、「年令×10万円+α」と考えて頂ければと思います。

この数字、女性のご両親が聞くと、「そんなに少ないのか?」と驚かれるかもしれません。

としいうのも、
今から20年前と現在の30代のサラリーマンの年収を比較すると、

「現在の30代の収入は、20年前の30代より200万円低い」

・・・という報告があるくらいです。(NHKと三菱総合研究所の調査)

1990年代後半の30代の正社員男性のボリュームゾーンが500万円台だったのに対し、
現在では300万円台になっているからです。

ですから、女性がご両親からの

「結婚するなら、コレ位の収入は必要よ。」

・・・というアドバイスは、
いまだ不況から脱していない現在では厳しい条件になるかもしれません。
そこで、

「30代の男性であれば、年収400万円あれば、まずはOK」

・・・という基準が出てくるわけです。

最近は、女性も正社員ではないにしろ、結婚後も仕事を続けるケースも多いので、
男性の年収だけで考えるのではなくて、2人の収入を合算して世帯収入という概念で
お相手選びが出来れば、選択の範囲もグッと広がると思います。
世帯収入で600万円を超えるようであれば、結構、ゆとりが生まれます。

また、10~20年前と比較して、男女の年収差はますます小さくなり、
大企業に務めている女性では、男性の平均収入を上回る事も珍しくなくなっています。

実際に、私の事務所では、34~5才で年収500万円以上の女性が多数おられます。

そういった女性にとっては、
お見合い相手を選ぶ際の男性の年収については、その見方がますます難しくなってきています。
自分以上の収入の男性に限ると範囲が狭くなってきます。

最終的には、高収入の女性の多くは、一般女性と同じような基準で選ばれていますが、
どこまで譲歩できるのかはご本人次第といえます。

いずれにしろ、独身男性の年収の実態を知ることで、お相手選びの参考になればと思います

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから