PC_top_navi_16

婚活ブログ ~ 結婚相談あれこれ / 牛丼男子?

全国仲人連合会 地区本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 まず、お電話を!06-6358-6005
mainimg

婚活ブログ

牛丼男子?

先日、女性会員が真剣な顔で相談に来られたんです。
でも、その内容は、いかにも今時の若い男性ならではの発想が原因で笑ってしまいました。

女性 「先生! 牛丼好きですか?」

私  「はい・・・??」

女性 「牛丼・・・よく食べに行きますか?」

私  「うん、牛丼は結構好きだよ。 週一回くらいは食べるかな。」

女性 「そっかぁ~、先生でもそうなんだ・・・」

私  「????」

女性 「実は、前回のデートで、
『お休みの日に、同僚の女の子達と1000円のケーキバイキングによく行く』
・・・みたいな話をしたら」

私  「したら・・・・?」

彼女 「1000円もあったら、牛丼、3回食べてお釣りがくる・・・って」

私  「まっ、確かにそうだよね。」 (松屋の牛めしは290円です)

彼女 「先生、そんなところで感心しないで下さいよぉ。
それで、思い起こしてみたら、彼ってお金の単位が全部、牛丼なんです。」

私  「単位が全部、牛丼?」

彼女 「映画に行っても、USJに行っても、海遊館とか、どこ行っても
とにかく金銭感覚がズレてるんです。ケチとかじゃ全然ないんですけど、
いちいち金額を見ては、

『うわっ、高ぁ~! お昼の牛丼○杯食べれるわ。』・・・って呟くんです。

私、情けないやら、恥ずかしいやら・・・」

私  「良いんじゃない。 それだったら、絶対に無駄遣いしないタイプだよ。」

彼女 「そ、それは、そうかもしれませんけどぉ~。 
それにしても、モノの値段知らなすぎるし、牛丼を基準に語られても・・・」

実は、一般的な男性の場合、
日常生活にかかわるお金の基準~価値観は、女性よりズゥ~っと低い(低額)のです。
特に、昼食にかけるお金の基準は、聞いてて悲しくなるくらいです。

また、映画のチケットや遊園地の入場料などは、
よく遊びに行っていた学生時代の頃、または、最後に彼女がいた頃の時点の相場、金額で、
止まってしまっている男性がほとんどです。

デートの相手としては、かなり問題があるかもしれませんが、
結婚する相手であれば、こういう男性が望ましいのです。

色々なデートスポット、レジャースポットの動向や金額を把握しているという事は、

『女の子とよく行っているから』

一般的な社会人男性は、男同士ではこんな所にはまず行きません!
もちろん1人では行くことは、それ以上にありえません。

第一、女性と金銭感覚が同じ男性が、
月3万円のお小遣い ⇒ もちろん昼食代も飲み代も込み・・・で我慢してくれると思いますか?

結婚後、女性がお財布(家計)を握るのであれば
ランチは290円の牛丼でもOKという男性ならとっても楽です。
結論、

「牛丼男子」は大歓迎なのです!

PS.
男性が財布を握り、生活費を月○万円と妻に渡すといったケースでは逆になります。
その感覚で生活費を渡されると、生活費が少なくなり苦労することも・・・。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Facebookは週2回更新!
最新の婚活情報、婚活成功ポイントは下記をクリック!
https://www.facebook.com/結婚相談所-大阪-全国仲人連合会-大阪地区本部-1488139724813763/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


«  |  »

コミュニケーションを大事にしながら、皆様を婚約までサポートしています。
まずはお電話ください。
不安な事、解らない事、何なりとお尋ね頂ければ嬉しく思います。

メールでのお問い合わせ資料請求の方はこちらから