全国仲人連合会へのお問合せ

お見合い後の交際の進め方のノウハウ / 結婚相談所 全国仲人連合会 大阪本部

結婚相談所なら大阪の全国仲人連合会 大阪本部(京橋) 大阪で2,500人以上の結婚実績 結婚相談所を大阪でお探しなら、まず、お電話を!06-6358-6005
理想の人を探す

婚活の基本・交際編

短期婚約のための交際の進め方について紹介いたします。

お見合いでは、恋愛のような「好き」という感情は・・・

お見合いは恋愛と違い、相手を冷静な目で見ています。
冷静に相手を観察しているわけですから

「好き」
「この人でないと」

・・・という感情はそうそうスグにはわいてこないものです。
(相手がメチャクチャ好みのタイプの場合は別ですけど・・・)

でも、それで良いのです。

好きになっちゃうと感情が先走りしてしまって、相手の事がちゃんと見えなくなってしまいます。
デートの相手ではなく一生を共にする相手ですからね。

お見合いの場合、「好き」という感情が結婚の決め手ではなく、
「この人とならやっていける」という信頼感がポイントになります。

なので、婚約してから大恋愛って感じのカップルがほとんどです。

 

交際当初は、時間を作ってまで会いたいとは思わない?!

好きでもない、ただ、お見合いで短時間会っただけのお相手に、
時間まで作って会いたいと思う人間はそうそういません。

せっかくの休み、ゆっくりもしたいし、趣味もしたいし、
家でテレビ見てた方がマシだと思ったりもします。

1人暮らしの男性だったら、たまった家事(洗濯?)をこなしたいかもしれませんし、
女性だったら友達とのショッピングやグルメを楽しみたい気持ちも当然です。

婚約したカップルも、皆、始めはそうでした。

交際当初のデートではお互いに「会う努力」「デートする努力」が必要となります。
何度か会う間に気心も知れ、好意を持てるようになるものです。

変な言い方ですが「3~4回目のデートまでは仕事のつもりで会っていきましょう!」

交際がダメになりやすい時期

☆見合い後、2~3回目のデートまでの期間
この期間に具体的な話をすると、少しの違いでも「僕の考え方と違う」と断られてしまいます。
この間は、結婚に対しての具体的な話、現実的な話は控え、楽しくデートするのが基本
⇒この期間をクリアしなければ、基本的には結婚対象の相手とはなりません。

☆婚約前の1ヶ月辺り (具体的な話が出てきた頃)
・色々と男性に注文を付けすぎてはダメ
⇒ 歩み寄りが大事! 男性の立場、考え方も思いやる事
・結婚後何年も先の不確定な事柄、状況・環境によって変化する様な事柄についてまで、
結婚前に決めておく必要はありません。

決断すべき時に決断する

「もっと良い人がいるんじゃないか」・・・と決断できない人は良縁を逃がしがちです。

「もっと、もっと」と決めきれずにいる間に、自身の年齢も高くなり、

結局、以前なら断っていた様な相手との出逢いすらなくなってしまいます。

百点満点の相手などはいないのですから、決断すべき時に決断することが必要です。

あれも、これもと細かい所まで気にしていると、
結婚相手と巡り会う可能性は、ますます低くなっていきし、
大事なチャンスを見逃してしまう事にもなります。

「△△なところが少し気にはなるけど、人柄が良いからヨシとしよう!」
「△△という欠点もあるけれど、○○という長所は捨てがたいから合格!」

・・・・といった、柔軟性が必要です。 自分だって百点満点、完璧ではないのですから

デートの心得 ~ 男性編 その1

☆デートに誘う時の注意
・行く先、目的は事前に女性に伝えておく方が良いでしょう
女性は場所、目的によって服装が変ります
当日にまごつかない様に、行く先については調査しておくのもgood

☆デートの基本は「女性に楽しんでもらう」ことです。
デートの計画はしっかり立てましょう。
会話の中で女性の行きたい場所、興味のある場所、モノが判れば、
「そこに行こう」と誘うのがよいでしょう。

女性の趣味なども考慮して
タウン情報誌などで、デートスポットをしっかり調べましょう。

☆デートの際には服装に気を使いましょう
・おしゃれにはセンスが必要で、相手のスタイルとの釣り合いもあり難しいものです
・少なくとも減点されない為には、定番ファッションと清潔感を重視
・一回目のデートはシャツにブレザー等が無難

デートの心得 ~ 男性編 その2

☆交際当初は避けたいデートについて
ⅰ)映画
必ずしも2人ともが楽しめるとは限りません。
感動や笑いのツボが異なるとダメになるケースが多くなります。

ⅱ)遊園地
待ち時間の長い場合が多く、会話をどうつなげるかがポイント

ⅲ)ドライブ
個室になり、命を預ける事となる為、不安に思う女性も
BGMの趣味が合い、会話に自信がある場合でなければ勧められません
女性のトイレ休憩をさりげなく用意できるかもポイント

☆女性の話を十分に聞いてあげましょう。
・男性ばかりが話していると、女性はこう思います。
「自分の事ばっかり、私の話を聞いてくれない、私に興味ないんだわ。」
デート中の3分の2は女性の話を聞く位のつもりで

☆「はい」「いいえ」だけの返事をしない
話がとぎれない様、話題が横に広がるような受け答えを心がけましょう。

☆週一回はデート、連絡も2~3日に一度は必ずしましょう。

 

会話のポイント ~ 男性編

☆女性の会話は状況や感情を共有し共感(一体感)を得るのが目的です
男性が女性の話に対して、共感しないで意見やアドバイスをしてしまうと、
「私の事を理解してくれない。」
「お説教ばかりする」・・・と女性は感じてしまいます。

☆女性との会話では「うん、そうだね」「わかる、わかる」等の相槌が基本
女性は
「自分の事を判って欲しい」
「自分を受入れて欲しい」・・・という願望が強いものです。

⇒女性の話に対してアドバイス(意見)する → 私の事を判ってくれない
⇒女性の話を否定する → 私の事を受入れてくれない

例えば、
「今、仕事のことで悩んでいて」と女性が話した場合、いきなり

「それ、おかしいよ」
「それなら、こうしたらいい」

・・・という返事は最悪です。

「そうかぁ、大変だね。でも大丈夫、きっとうまくいくよ」

・・・と、プラス思考で共感しましょう。 アドバイスするとしてもそれからです。

「この人に話を聞いてほしい」
「この人なら私を力づけてくれる」

・・・と感じてもらうことが重要です。

 

デートの心得 ~ 女性編 その1

☆デートに誘われたら
・行きたい場所があれば、遠慮せずに提案しましょう。
・男性の指定した日の都合悪かった場合には、必ず、自分から別の日程を提案しましょう。

☆積極的に「楽しもう!」という気持ちが大事
女友達と出かける時に、女友達に「楽しませてもらおう」と考えることはないですよね。
男性とデートするからといって、「楽しませてもらう」・・・という受身の形ではなく、
積極的に自分から「楽しもう!」という気持ちを大事にしてください。

かっこ良くリード、エスコートしてくれる。 オシャレなお店を知っている等、
デート上手な男性が結婚相手として相応しいとは限りません。

☆お見合いと同様、贅沢なファッションは避けましょう
・ブランド物は控えましょう。
・派手な服装、肌の露出の多い服装は避け、化粧もナチュラルに

☆デートの費用について
男性に散財させないように気をつかいましょう。

男性が出してくれた場合には、その場で御礼するだけでなく、
お店を出てからも御礼をいいましょう。

御礼は言葉だけでなく、ちゃんと頭を下げて、にこやかに

デートの心得 ~ 女性編 その2

☆交際当初は避けたいデートについて
ⅰ)映画
必ずしも2人ともが楽しめるとは限りません。
感動や笑いのツボが異なるとダメになるケースが多くなります。

ⅱ)遊園地
待ち時間の長い場合が多く、会話をどうつなげるかがポイント

ⅲ)ドライブ
個室になり、命を預ける事となる為、不安に思う女性も
BGMの趣味が合い、会話に自信がある場合でなければ勧められません
女性のトイレ休憩をさりげなく用意できるかもポイント

☆「ありがとう」をいっぱい言おう。
小さなことであっても、にこやかにお礼を言うことで、
素直で思いやりのある女性であることをアピールしましょう。

男女かからわず、「ありがとう」という言葉はとても魅力的なものです。

☆連絡は女性からも積極的に
2回に1度くらいは自分からも連絡しましょう。
男性から留守電、メールが入っていた場合には必ず返信しましょう。

また、後日(後で)電話すると言って電話を切った場合は、
必ず、翌日、遅くても2~3日以内に電話をするのが社会人としての常識です。

会話のポイント ~ 女性編

☆男性の会話は「情報の共有」「意見の交換」を目的としています。
一般的に女性の会話の目的は「感情の共感」とされています。
しかし、男性の会話の目的は「情報の共有」「意見の交換」となります。
結果として、男性は女性の話に対して、アドバイス⇒意見をしがちなのです。

☆男性は会話の流れに論理性、客観性を求めます。
女性同士の会話では、その時のノリと気分で話題があちこち飛びますが
男性はひとつの話題に結論を出してから、次の話に移ることが一般的です。

なので、いきなり話題が変わると、訳が分からなくなるのと同時に
「この女の子・・・大丈夫???」・・・と思ってしまいます。

話題が変える時は「話が変わるけど・・」と前置きするのが基本です。

☆男性の本質は「学校の先生」
・男性は基本的には「教えたがり」です。
・男性は女性に対して色々とアドバイスや意見をしがちです。

だからといって、女性の話を否定しているわけではなく、
一生懸命に女性の話を聞いて、男性なりに女性を理解しようとしているのです。

☆男性は女性の様に、結婚について友人と話したり情報交換する事がほとんどありません。
男性に「結婚観」「結婚生活像」について質問をしても、
女性が満足するような具体的な応えはほとんど返ってきません。

男性は結婚をスタートもしくは通過点として考えて、
「結婚生活」は夫婦で一緒に2人のスタイルを作り上げていくものと解釈しています。

☆男性は自分が与えられるものの範囲で「満足」してくれる女性を選びます。
男性の好意(行為)には「満足」しているという気持ちを伝える事が重要。
⇒「ありがとう」「すごくうれしい」等々

結婚相談所を大阪でお探しなら、まず、お電話を!